ジェネリック品でも先発医薬品と同等の効果

薬のなかにはジェネリック品があります。
一般の薬とはなにが違うのでしょうか。
またネット通販で購入することはできるのでしょうか。

薬を新しく開発するときは効果だけでなく安全性も必要になります。
そして安全性と効力を証明するには臨床試験をしなければなりません。
効果がある薬は簡単には作れません。
そのためひとつの薬を作るためには臨床試験やそれにいたる試験を何度もくりかえされます。
新薬を開発するには巨額の費用と膨大な時間が必要です。
費用は300億円以上、期間は10年以上かかるといわれています。

こうして多くの時間と費用を費やして開発された薬には当然ながら特許が存在します。
しかし特許には期間があり、これが切れると他の企業も自由に先発医薬品とほぼ同じ主成分を有する薬を製造して販売することができるようになります。
こうして作られた薬がジェネリック薬です。
主成分は先発医薬品と同じです。
すでに安全性と効果について明らかになっているので、それだけ安く製造できるのです。
主成分が同じということは効果も同じです。

ではジェネリック薬と先発医薬品の違いは何でしょうか。
主成分は同じですが、添加物や剤形、製法に違いがあります。
また製造している会社と薬の名称も異なります。
基本的にジェネリック品でも先発医薬品と同等の効果があると考えてかまいません。

グルコバイは炭水化物がブドウ糖に分解されて吸収されることを抑制する薬です。
そしてグルコバイにもジェネリック薬があり、それがアカルボースです。
グルコバイもアカルボースも個人輸入で実質的に通販で購入することが可能です。
個人輸入をする場合、必要書類を地方厚生局に提出する必要がありますが、処方せん薬の場合、用法用量からみて1ヶ月分以内であれば必要ありません。
個人輸入を代行してくれる業者もあり、これを利用すれば通販で買い物をするのと同じように購入することができるのです。